10月9日近畿経済産業局「Ai-SPEC」の地区大会が行われます。

中小企業が抱える問題点の解決に向け、企業と学生が一緒に取り組み発表を行うという、実践型課題解決プロジェクトです。
近畿大学松本ゼミの学生の方たちからお話をいただき、6月頃から一緒に「胡粉ネイル」の課題について「胡粉に恋する梅咲き部」というチームと取り組んでおり、9月28日にも上羽絵惣でミーティングを行いました。

京都・大阪の大学を中心に24チームが、多彩な業種のさまざまな問題にそれぞれ取り組まれているようで、若い人たちの視点からどんな解決策を一緒に生み出していけるのか楽しみです。
このプロジェクトは大企業に人材が集中しがちな中、中小企業・小規模事業者の人材確保を支援するという目的があるようです。プロジェクトを通して、大企業にはない中小企業の魅力を感じていただけたら嬉しいですね。

更新日:2016年10月7日